自宅でカフェ開業時の営業許可について

スポンサードリンク

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

自宅でカフェを開業する時に必要な営業許可について

 自宅でカフェを営業したいとお考えの方も多いのではないでしょうか。

 

 自宅を改装してお店にする人もいれば、週末のみの営業でカフェを経営したいとお考えの方も要るでしょう。

 

 それでは、自宅でカフェを開業する時はどのような許可が必要なのでしょうか?

 

 基本的には、一般にお店を出すのと同じだと思います。保険所が許可を出すにあたって基準に満たしているか、その基準に満たしていれば営業許可は下りるでしょう。

 

 許可の条件としては、主としては以下の物が一般的です。

 

  • 調理場とホールが仕切られている事(扉、ウエスタン式でもOK)
  • シンクが2槽以上有る事(食器洗浄機は1槽扱い)
  • 調理場に手洗い、石鹸液が完備されている事
  • 給湯器が有る事
  • 食器棚に扉が付いている事
  • 調理場、冷蔵庫に温度計が付いている事
  • フタ付きのゴミ箱が有る事
  • トイレに手洗い石鹸が有る事

 

 もし自宅を改装するのであれば上記の条件を考慮した上での改装をお薦めします。

 

 しっかりした設備をしておけば、来店するお客さんから見ても安心度が増しますし、信頼できる店だと認知してくれるはずです。誰も気にしないいだろうっていう発想は削除しましょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

自宅でカフェ開業時の営業許可について関連ページ

デメリットも知ろう
自宅でカフェを開業するにあたってのデメリットもあります。田舎の物件でもし大きな敷地が有れば良いですが、住宅街の一角やマンションではどうしても駐車場の問題があります。近くにコインパーキングでもあれば良いのですが、無い場合は近所の方などしか頻繁に利用できないという点です。またまた住宅街の中では発見されにくいう点も有ります。