花屋さんの開業資金について

スポンサードリンク

花屋さんの開業資金について

 時々、スーパーの店先や道の駅などで、バケツに入れた花を売っている方がいらっしゃいますね。おそらく農家など、花づくりできる土地のある方が自分で育てた花を、本業の片手間に売っている形ですが、これだと、元手は限りなくゼロに近いと言えます。

 

 行商の花屋だと、初期投資は入れ物程度。花も自分で育ててしまえば、あと要るのは交通費位。つまり、花を売りたい、というその気があれば、今日からでも始められる商売とも言えますね。

 

 本格的に店舗営業をする場合、どうやら、店舗の賃貸料、保証金が100~3000万まで、内装に100~400万円、備品・什器が100万~500万円、といったところが目安の様です。金額の範囲が広いのは、花屋の規模の大小によるからでしょう。

 

 その名も「花屋創業塾」という個人サイトがありますが、こちらによると、仕入れの費用も100~200万というのが相場のようですが、これはトラックなどを購入するとか、仕入れを代行業者に頼むとかでも違ってきそうですね。

 

 飲食業に比べると、比較的イニシャルコストは抑えられる面がありそうです。

 

 「花屋創業塾」の「塾長日記」というブログに、花屋の開店についての参考になる記事が色々載せられています。この中にまさに、開業資金についても詳しく書かれており、「最低250万で可能」と言いきっていますので、費用を抑える参考にしてみてはいかがでしょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

花屋さんの開業資金について関連ページ

成功秘訣について
花屋開業する成功秘訣の戦略として、1.冷蔵庫を置かない、2.大量発注を受け付けない、3.広告を打たない、4.各店舗に経営判断の色々を任せているというものがあるそうです。