喫茶店経営をフランチャイルズで考えてる方へ

スポンサードリンク

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

喫茶店経営をフランチャイルズで考えてる方へ

 喫茶店の経営をしようと考えている人の中にはフランチャイルズにしようとしている人も多いと思います。実際に喫茶店を開業している人の中にはフランチャイルズを選んでいる人が結構いるからです。

 

 なぜフランチャイルズで喫茶店を開業しているのかというと、やはり独立・開業がしやすいという点にあります。

 

 フランチャイルズ化するということは、すでに軌道に乗っているお店からの運営ノウハウを使用して、そのお店と同じように運営を行うことができます。さらに、お店の名前やロゴ、内装や外装などもフランチャイルズ店と同じですので、すでにお店の名前がお客さんに浸透しているので、集客も容易に行えるというメリットがあります。

 

 ほかにも経営のサポートをフランチャイルズ本部がサポートしてくれたり、広告宣伝を行ってくれたりと、様々なメリットがあります。

 

 しかし、その反面開業費用が高いというデメリットも持ち合わせています。ちなみにフランチャイルズ店を開業する費用があれば、自分の趣向に合わせた喫茶店を開業する事ができます。また、最も大きなデメリットが、ロイヤリティが発生する点にあります。

 

 フランチャイルズチェーンに加盟すると、ロイヤリティが発生するのですが、これは本部に支払わなければならない費用のことです。

 

 お店によって金額設定は異なっており、お店の売り上げの何%を支払わなければならない場合もありますし、毎月固定されて費用を支払わなければならない場合もあります。この金額が大きければ大きいほど、経営に大きな影響を与えることになります。

 

 このように、フランチャイルズで喫茶店を経営する場合には、メリットとデメリットがあることを覚えておきましょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

喫茶店経営をフランチャイルズで考えてる方へ記事一覧

フランチャイルズを募集している喫茶店について

 フランチャイルズの喫茶店を経営したいと考えている方は結構多いと思いますが、実際にフランチャイルズの喫茶店を募集しているところはそれほど多くはありません。しかし、募集をしているフランチャイルズの喫茶店の多くは誰もが知っている名前の喫茶店ばかりです。 もし、経営に関する知識が全くなくて一から始めるのは...

≫続きを読む

 

焼鳥のフランチャイズで開業する方法

 焼き鳥店で独立開業を目指すのであれば、やはり女性客や若年層を取り込めるような店舗を目指す必要があります。 焼き鳥店といえば、中高年層を対象としてきている店舗が多かったのですが、最近の景気の低迷を受けて、中高年層の獲得が難しくなってきています。そこで、成功するためには女性客や若年層を獲得できるような...

≫続きを読む