喫茶店の開業後の経営トラブルについて

スポンサードリンク

喫茶店の開業後の経営トラブルについて

喫茶店を開業後の経営トラブル改善方法をいくつかご紹介します。

 

 お店のコンセプトに魅力を感じなかった為、お客さんを集客出来ず経営不安になるケースありがます。そんな時は、もう一度お客さまが【行ってみたい】と思うような動機付けをする必要があります。

 

 自身がお店に行く立場になって考え見ると良いかもしれません。利益やオペレーションばっかりに気を取られ、肝心のお客様目線になっていない時このような状況になりがちです。

 

 自分だけでなく、一緒に働くスタッフに効くのも1つの方法でしょう。

ランチタイムに利益が出ない

スポンサードリンク

 ランチとデザートのみの営業の場合、客単価も低く、回転率も上がらない場合が多く、利益につながらないケースも有ります。

 

 そんな時は、喫茶店開業する前は視野に入れていなかった、客単価の高い夜の営業も視野に入れるのも1つの方法です。

 

 しかし、一般的に昼の営業が忙しいお店は、夜の客数が低くなる傾向があります。そうならない為にも、メニュー構成や、照明などによって昼と夜のお店のスタイルを変えるのも良いでしょう。

 

 日常の延長である昼にくらべ、非日常的な夜を楽しむあなただけの演出を考えて見ましょう。

 

 

スポンサードリンク

内装設備のトラブル

 一般的によくあるトラブルとしては空調などの温度管理トラブルがあります。借りた物件がだった事務所だった為、家庭用の空調設備しかついてなく、そのままで営業した時によくありがちです。

 

 出入りの少ない事務所にくらべ、終始お客さまが出入りする飲食店だとどうしても空調の効きが悪くなります。

 

 お客さまが快適に過ごして頂く為の初期投資と思って、業務用のエアコンを設置することをオススメします。