喫茶店開業に必要な食品衛生責任者の資格について

スポンサードリンク

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

食品衛生責任者の資格について

 喫茶店を開業するためには、食品衛生責任者という資格が必要となります。1店舗に必ず一人は食品衛生責任者がいなければ営業でいないので、もし複数の店舗を経営する場合は、それぞれの店舗に一人ずつこの資格を持った人を配置しなければなりません。

 

 喫茶店を開業する時に自分に食品衛生責任者という資格を持っていなくても、一緒に働く人がこの資格を保持していれば開業はできます。

 

 しかし、この食品衛生責任者という資格は非常に簡単に資格を取得する事ができますので、出来れば自分で取得しておくことをおすすめします。難しい試験などもなく、1日講習を受けるだけで資格取得ができるので、カフェを開業するなら最低限この資格だけは自分で取得をしておきましょう。

 

 高校生以外の17歳以上の方であれば、実務経験などがなくても誰でも講習が受けられます。各都道府県で講習が行われていますが、中には開業計画のある事業所の責任者に限っている場合もありますので、受講前に確認をしておきましょう。

 

 講習科目は、公衆衛生学が1時間、衛生法気が2時間、食品衛生学が3時間で、これら3科目の小テストが行われます。小テストといっても決して難しいものではなく、上記で学んだ科目の内容を確認する程度です。各地域にある食品衛生協会で講習の開催状況がわかりますので、講習を受ける前に問い合わせておきましょう。

 

 この食品衛生責任者が誰なのかを営業許可申請書に記入しなければなりませんので、申請書を提出する前に資格取得をしておきましょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

喫茶店開業に必要な食品衛生責任者の資格について関連ページ

必ず必要な資格
喫茶店を開業するのに必ずいる資格といえば、前項でも述べた【食品衛生責任者の資格】です。この資格は飲食店営業の許可申請をするのに必ず必要な資格です。地方によっては月に一回しか開催していないところもあるので事前に取得できる日程など調べておくのも重要でしょう。
営業許可書申請の流れ
カフェを開業するためには、まず営業許可書申請を保健所に届け出なければなりません。カフェを開業する地区の保健所に営業許可書申請を届け出て、カフェを営業する許可をもらいましょう。