喫茶店開業に必要な資格

スポンサードリンク

喫茶店開業に必ず必要な資格について

 喫茶店を開業するのに、調理師免許が必要では?と思われてる方も多いのではないでしょうか。そのためには飲食店でとりあえず、働かなければと考えているかもしれませんが、喫茶店を開業するのに調理師免許は必要ありません。なくても営業出来ます。

 

 必ずいる資格といえば、前項でも述べた【食品衛生責任者の資格】です。この資格は飲食店営業の許可申請をするのに必ず必要な資格です。地方によっては月に一回しか開催していないところもあるので事前に取得できる日程など調べておくのも重要でしょう。

 

 また自分の知識を深める意味で【コーヒーコーディネーター資格】や【紅茶コーディネーター】の資格を取得するのも良いでしょう。通信制のものが多く、自分の空いた時間で受講できるので、現在仕事をされている方にもオススメです。

 

 健康ブームである現在においては【野菜コーディネーター資格】や【食育・食学・マクロビオティックの資格】などの資格は、お客さまの安心にも繋がるので喫茶店経営だけでなく、幅広い分野で使える資格だと思います。

 

 そしてこのような資格は、メニュー開発の時点でも素晴らしく役立つでしょう。なぜこういったメニューを作ったのかというセールストークにもなるからです。モチベーションアップのために資格を取得するのも1つの手段かもしれませんね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

喫茶店開業に必ず必要な資格関連ページ

営業許可書申請の流れ
カフェを開業するためには、まず営業許可書申請を保健所に届け出なければなりません。カフェを開業する地区の保健所に営業許可書申請を届け出て、カフェを営業する許可をもらいましょう。
食品衛生責任者の資格
喫茶店を開業するためには、食品衛生責任者という資格が必要となります。1店舗に必ず一人は食品衛生責任者がいなければ営業でいないので、もし複数の店舗を経営する場合は、それぞれの店舗に一人ずつこの資格を持った人を配置しなければなりません。