喫茶店開業に必要な営業許可書や資格について

スポンサードリンク

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

喫茶店開業に必要な資格や書類

 個人経営の小さなお店だからと言って、お客さまに飲食物を提供しお金をいただくのですから、公共機関への許可が必要となります。

 

 お店の工事着工までに、まず図面を持って保険所に相談に行きましょう。担当者が許可の為に必要な書類を教えてくれます。設備の基準は、各都道府県によっても違いますので事前の相談が必要不可欠です。

営業許可申請の手続きの流れ

スポンサードリンク

【営業許可申請の手続きの流れ】

 

①事前相談

 

②申請書類の提出・検査日の決定(工事終了の10日まえぐらいには)

 

③検査(営業者立会いのもと、不適合の場合は認可がおりません)

 

④許可書交付(交付までには数日間要します)

 

⑤営業開始(受取には印鑑を忘れずに)

スポンサードリンク

個人営業の申請に必要な書類について

【個人営業の申請に必要な書類】

 

・食品衛生責任者の資格を証明するもの

 

・営業許可申請書類

 

・お店の図面、配置図

 

・許可申請手数料

 

※水質検査成績書(貯水槽使用や井戸水を使用する場合)

 

※登記簿謄本(法人の申請の場合)

 

 

【食品衛生責任者の資格の取得方法】

 

 各都道府県の食品衛生協会が行う一日かけた講習会に参加し合格すれば資格を得る事が出来ます。資格は全国どこでも通用し、受講後食品衛生責任者手帳が交付されます。
あなたが、栄養士、調理師、製菓衛生士の資格を持っていれば必要ありません。

喫茶店開業に必要な営業許可書や資格について記事一覧

喫茶店開業に必ず必要な資格

 喫茶店を開業するのに、調理師免許が必要では?と思われてる方も多いのではないでしょうか。そのためには飲食店でとりあえず、働かなければと考えているかもしれませんが、喫茶店を開業するのに調理師免許は必要ありません。なくても営業出来ます。 必ずいる資格といえば、前項でも述べた【食品衛生責任者の資格】です。...

≫続きを読む

 

カフェ開業に必要な営業許可書申請について

 それでは詳しく営業許可書についてお話します。カフェを開業するためには、まず営業許可書申請を保健所に届け出なければなりません。カフェを開業する地区の保健所に営業許可書申請を届け出て、カフェを営業する許可をもらいましょう。 営業許可書申請は、カフェを開業する上で重要なポイントのひとつで、慎重に行う必要...

≫続きを読む

 

喫茶店開業に必要な食品衛生責任者の資格について

 喫茶店を開業するためには、食品衛生責任者という資格が必要となります。1店舗に必ず一人は食品衛生責任者がいなければ営業でいないので、もし複数の店舗を経営する場合は、それぞれの店舗に一人ずつこの資格を持った人を配置しなければなりません。 喫茶店を開業する時に自分に食品衛生責任者という資格を持っていなく...

≫続きを読む