喫茶店経営に必要な資金集めについて

スポンサードリンク

喫茶店経営に必要な資金集めについて

 開業するためにはある程度まとまった資金が必要となり、個人経営の喫茶店であれば最低でも500万円ほどが必要です。もちろん、資金は多ければ多いほど安心して開業する事ができますので500万円~1000万円ほどあったほうがいいですし、何より運転資金が多い方が気持ち的には安心です。

 

 喫茶店を開業するにあたり、設備を整えたり、店舗を借りたりしなければなりません。特に店舗を借りる際は、通常の住宅物件と異なり、契約金というものが発生します。

 

 契約金以外にも、ガスや水道、電気、内装工事などの工事費用も考えると、かなり余裕をもった資金を用意しなければならないことがわかります。

 

 しかし、自己資金が少ないからといって、開業できないのかというわけではありません。実際私自身も自己資金は300万円ほどしか用意していませんでした。残りの資金は、日本政策金融公庫から借りて、開業資金にあてたのが現状です。

 

 通常、融資を受けると言えば銀行を思い浮かべる人が多いと思いますが、最近は非常に厳しくなってきており、よほどの実績、または融資額に見合うほどの担保を持ち合わせてなければ融資を受ける事ができません。そこで、日本政策金融公庫をはじめとする公的資金を活用するのがおすすめです。

 

 民間の金融機関で融資を受けられない場合、これから開業をしたいという方に融資をしてくれるのが日本政策金融公庫です。他にも、創業・独立開業資金支援制度という各地方自治体で行っている融資制度もありますので、これらの公的資金を利用して、喫茶店を開業するといいでしょう。

 

 もちろん、審査は簡単なものではなく、総事業費の半分の自己資金の用意を求められたり、しっかりとした事業計画の説明を求められることもあります。中には審査通過が厳しい場合もあると思いますが、信用保証協会に保証をしてもらうという方法もありますので、融資を受けられるように諦めずに頑張りましょう。

 

 他の記事でも同じような内容を述べましたが、いかに計画的に開業計画が練れているかが融資が受けれる最大のポイントだと思います。

 

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

喫茶店経営に必要な資金集めについて関連ページ

日本政策金融公庫
自己資金だけで開業資金を全て集められてれば良いですが、借入を考えられてる方へ。日本政策金融公庫などご紹介しています。日本政策金融公庫喫茶店開業に強い味方です。
経営に必要な費用
カフェを開業してから一体どれくらいの経費が必要となってくるのでしょうか?開業資金にばかりに気にして、実際お店がオープンしてからの運転資金がなければ店の経営は成り立ちません。