喫茶店・カフェを経営するのに必要な費用について

スポンサードリンク

喫茶店・カフェを経営するのに必要な費用について

 さてそれでは、カフェを開業してから一体どれくらいの経費が必要となってくるのでしょうか?

 

 開業資金にばかりに気にして、実際お店がオープンしてからの運転資金がなければ店の経営は成り立ちません。しっかりと経営にどれくらいの費用がかかるかかき出す事も大切です。

 

 一般的に【人件費】と【材料費】を足した割合は65%ぐらいと言われています。もちろんそれ以下にする事は可能ですが、仮に人件費を削って少ないスタッフで対応した時、お客さまが満足するサービスはできるでしょうか?

 

 

 一方材料費を下げた場合、価格にあったお客さま満足度の料理は提供できるでしょうか?そのような事をふまえた上で原価や雇用するスタッフの人数など事前にシュミレーションする良いでしょう。

 

 後は、【家賃】や【水光熱費】など固定費です。治安が悪い土地ならセキュリティーも必要でしょうし、1人のお客さまなどにもゆっくりとくつろいで頂きたいと考えるなら雑誌や新聞などの【新聞図書費】も必要でしょうし、入口のマットなど清潔に保つのであれば【衛生管理費】なども必要となりますし、季節的に広告を出すなら【広告宣伝費】などの経費もかかります。

 

 これらの金額を足して、売上から引いた金額が利益となります。しっかりと固定費などの金額まで把握しておきましょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

喫茶店・カフェを経営するのに必要な費用について関連ページ

日本政策金融公庫
自己資金だけで開業資金を全て集められてれば良いですが、借入を考えられてる方へ。日本政策金融公庫などご紹介しています。日本政策金融公庫喫茶店開業に強い味方です。
資金集め
開業するためにはある程度まとまった資金が必要となり、個人経営の喫茶店であれば最低でも500万円ほどが必要です。もちろん、資金は多ければ多いほど安心して開業する事ができますので500万円~1000万円ほどあったほうがいいですし、何より運転資金が多い方が気持ち的には安心です。