喫茶店開業費を日本政策金融公庫で借入するには

スポンサードリンク

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

不足の開業資金を借りる窓口は日本政策金融公庫で。

 開業資金をすべて自分で用意できればいいのですが、なかなが難しい人の方が多いでしょう。となれば、どこからか借入をしなければいけません。

 

 お店をするうえで、借入するのはごく普通の事なので怖がらず、どこから借りるのがベストかを吟味しましょう。

 

 まず一番に金利の問題です。毎月支払われる額ですが、売上は毎月変動します。会社勤務のように毎月同じ給料が出るわけでないので固定費は抑える事が重要です。銀行はもっとも一般的な借入の企業ですが、担保や保証人なども必要となり審査に通るのが難しいのが現状です。

 

 家族や友人から借りるのも一つの手段です。金利をとられる事もないので、無難かもしれません。しかしお金が絡むと人間関係が気まずくなることもあるので頭に入れておきましょう。

 

 そこで強い味方なのが国民生活金融公庫です。金利も安く、新創業融資制度(無担保・無保証人)で借入できる制度も有ります。

 

 お店を出展する地域の商工会議所に相談に行くのも良いでしょう。開業計画書の書き方なども親切に教えてもらえるので近道かもしれません。いろんな場所に相談し、まずは開業計画書を書いてみましょう。

国民生活金融公庫の開業計画書作成のポイント

スポンサードリンク

喫茶店,カフェ,開業,費用,日本政策金融公庫,借入

 国民生活金融公庫の開業計画書作成のポイントについて見ていきましょう。

 

 まずはコンセプトをしっかり伝え、狙うターゲット層をしっかりと伝えましょう。あなたがどういった気持ちで取り組むかを熱く語る事もポイントです。また、近隣の地図などを使って集客できる理由を伝える事も、事前に現地での調査をしているアピールになるので有効的でしょう。

 

 年々で返済するかによって変わると思いますが、年次計画書などをつくり、5年後のプランまで伝えることによって返済能力の計画性も見えてきます。決められた範囲内に記入するだけでなく、別紙などを用意してプレゼンすると良いでしょう。

 

 毎月定額でも貯金している通帳があると、計画性がある事も立証されると思います。しっかり自分の夢の計画を記載して担当者にすきを与えないようにしましょう。

スポンサードリンク

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

喫茶店開業費を日本政策金融公庫で借入するには関連ページ

経営に必要な費用
カフェを開業してから一体どれくらいの経費が必要となってくるのでしょうか?開業資金にばかりに気にして、実際お店がオープンしてからの運転資金がなければ店の経営は成り立ちません。
資金集め
開業するためにはある程度まとまった資金が必要となり、個人経営の喫茶店であれば最低でも500万円ほどが必要です。もちろん、資金は多ければ多いほど安心して開業する事ができますので500万円~1000万円ほどあったほうがいいですし、何より運転資金が多い方が気持ち的には安心です。