喫茶店開業に必要な資金

スポンサードリンク

喫茶店開業に必要な資金

 店舗を借りるにも、設備を整えるにも色々とお金は必要です。資金は多いにこしたことはありませんが、標準的な個人経営の喫茶店の場合の開業資金は500万~1000前後と言われています。

 

 たとえば、店舗物件を借りようと思った場合、普通の住宅物件とは違い契約金が発生します。契約金は家賃の10~12ヶ月分が相場となっており、ちなみに家賃が10万円だとすると賃貸契約に100万~120万の費用が必要となる計算になります。

 

 また内装工事やガス、水道、電気、空調設備などにも工事費はかかります。店舗が大きければ、それ用の厨房機器も必要です。

 

 そんなこんなで、小さい物件でもある程度の開業資金が必要となってくるでしょう。自分が思い描いたお店には何が必要かイメージしてリストアップしてみましょう。

 

主に開業費用に必要なリスト

スポンサードリンク

不動産関連 保証金、家賃、不動産仲介手数料、礼金など
厨房設備 冷蔵庫、コンロ、食洗機、オーブンなど
工事費用 店舗デザイン、施工、水道、ガス、電気工事、家具など
備品・消耗品 キッチン、ホール、トイレ、レジ関連など
運転資金 開店後の資金(家賃の3ヶ月分ぐらい)

スポンサードリンク

工夫と幸運で資金は節約出来る

 全て業者さんでお金を払って買わなくても、工夫と幸運で資金は節約は出来ます。

 

 例えばタイミング良く居抜きの物件を契約できれば、厨房や家具などの費用が節約出来ますし、自宅で開業すれば当然のように家賃はかかりません。また移動販売で起業すれば、家賃や人件費を削減できます。
 いろんな人に相談したり、足を使って調べ夢と現実のギャップを埋めましょう。きっと自分にあった開業費用で納めることが出来るはずです。

喫茶店開業に必要な資金記事一覧

喫茶店開業費を日本政策金融公庫で借入するには

 開業資金をすべて自分で用意できればいいのですが、なかなが難しい人の方が多いでしょう。となれば、どこからか借入をしなければいけません。 お店をするうえで、借入するのはごく普通の事なので怖がらず、どこから借りるのがベストかを吟味しましょう。 まず一番に金利の問題です。毎月支払われる額ですが、売上は毎月...

≫続きを読む

 

喫茶店・カフェを経営するのに必要な費用について

 さてそれでは、カフェを開業してから一体どれくらいの経費が必要となってくるのでしょうか? 開業資金にばかりに気にして、実際お店がオープンしてからの運転資金がなければ店の経営は成り立ちません。しっかりと経営にどれくらいの費用がかかるかかき出す事も大切です。 一般的に【人件費】と【材料費】を足した割合は...

≫続きを読む

 

喫茶店経営に必要な資金集めについて

 開業するためにはある程度まとまった資金が必要となり、個人経営の喫茶店であれば最低でも500万円ほどが必要です。もちろん、資金は多ければ多いほど安心して開業する事ができますので500万円~1000万円ほどあったほうがいいですし、何より運転資金が多い方が気持ち的には安心です。 喫茶店を開業するにあたり...

≫続きを読む