喫茶店開業のメニュー/モーニングの歴史について

スポンサードリンク

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

喫茶店開業のメニュー/モーニングの歴史について

 喫茶店を開業するにあたり、決める事はたくさんありますが、特にモーニングメニューは重要なポイントになります。早朝からモーニングを提供する喫茶店はたくさんありますが、ここで安易にメニューを考えないようにしましょう。
 他の店と変わらぬコーヒーやトーストなどを提供しても、お客さんは訪れてくれません。

 

 そもそもモーニングの始まりは、1950年ごろには愛知県で、早朝から働かなければならなかった人たちのためにお店が茹で卵やピーナッツをつけたのがモーニングの始まりだと言われています。正式にモーニングサービスとして喫茶店で行われたのは、1956年の広島市にある喫茶店だといわれています。

 

 当初は、食パンと目玉焼き、コーヒーの3品で、料金は60円だったそうです。現在では、岐阜県や愛知県などで飲み物と同じ料金で朝食とほとんど変わらないメニューを提供する喫茶店や営業時間をすべてモーニングにしているお店があるほどで、モーニングの需要は高まっているのです。

 

 競争が増しているモーニングの中で、ありきたりなメニューを提供してもお客さんは来てくれません。ちょっとこだわりのパンやコーヒーを提供したり、こだわりの新鮮野菜や特製ドレッシングを使用するなど、他のお店では扱っていないモーニングを提供してみるといいと思います。

 

 喫茶店のモーニングのメニューが良ければ、お客さんは何度も足を運んでくれると思いますし、モーニングが良かったから夕食にも来てみようという気持ちになる可能性もあります。喫茶店を開業する時には、モーニングのメニューに重点を置いて考えてみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

喫茶店開業のメニュー/モーニングの歴史について関連ページ

人気メニューについて
このサイトでは、喫茶店の開業、メニューなどについて記載しています。喫茶店の人気メニューの一つは、やっぱりナポリタンですかね。