喫茶店開業の為のメニューの作り方

スポンサードリンク

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

コンセプトに合ったメニューの作り方

 まずはお店のコンセプトに合った名物となる主役メニューの開発を行います。

 

 メニューは、どんなお客さまが、どんな時にどんなシチュエーションで食べるかを具体的にイメージして考えます。そしてコンセプトに沿って具体的なメニューを上げ、主役商品を支えるわき役商品を考え構成します。

 

 原価は、30%~35%に抑えるのが一般的です。あまり原価を下げすぎると見た目でお客さまも気づきます。家庭でも出来る商品には魅力を感じません。。同じ料理でも、メニューの名前や盛付によって印象が変わります。器や気になるネーミングも重要なポイントです。あなたのお店に行ってまで食べたいオリジナル商品を開発しましょう

お客さまをひきつけやすいメニューにするポイント

スポンサードリンク

喫茶店,カフェ,メニュー,作り方

・パンチのある調味料を使用する(味の印象を残すために)

・いろんなジャンルの掛け算(創作料理・多国籍料理など)
・触感が楽しめる食材を使う
・旬の食材を使う
・盛付や演出で5感をくすぐるネーミングをつける
・口コミしやすい商品を提供する

 

 名物にしようと思って開発した商品が必ずしもヒットすとは限りません。逆にわき役が名物になる事も有ります。最終的に注文するのはお客さまです。コンセプトだけはぶれないようなメニュー構成にしましょう。

スポンサードリンク

喫茶店開業の為のメニューの作り方記事一覧

喫茶店開業のメニュー/モーニングの歴史について

 喫茶店を開業するにあたり、決める事はたくさんありますが、特にモーニングメニューは重要なポイントになります。早朝からモーニングを提供する喫茶店はたくさんありますが、ここで安易にメニューを考えないようにしましょう。 他の店と変わらぬコーヒーやトーストなどを提供しても、お客さんは訪れてくれません。 そも...

≫続きを読む

 

喫茶店の人気メニューについて

 ここ数年、街にはオシャレなカフェが急増しています。おいしいパンケーキがメインのカフェも増えましたね。 そんな中やはり根強い人気は、街角にある昭和の香りのする喫茶店です。 先日、所用があり官庁街に行きました。約束の時間より早く着いたため、どこかで時間をつぶすことに。大通りから一本裏通りに向かうとお目...

≫続きを読む