自宅でカフェ開業するデメリット

スポンサードリンク

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

自宅でカフェ開業するデメリット

 自宅でカフェを開業するにあたってのデメリットもあります。

 

 田舎の物件でもし大きな敷地が有れば良いですが、住宅街の一角やマンションではどうしても駐車場の問題があります。近くにコインパーキングでもあれば良いのですが、無い場合は近所の方などしか頻繁に利用できないという点です。またまた住宅街の中では発見されにくいう点も有ります。

 

 しかし、駐車場がなく、分かりにくい場所にあったとしても、どうにかして行きたいとお客さまが思うようなカフェ作りが出来ればチャンスです。デメリットからメリットに変えれるような素敵なお店作りが必要となります。

 

 もう一つは、自宅とお店が一緒の場合メリハリがなくなる方も多いようです。仕事場と家庭が一緒になった時、ありがちなのが【後ですればいいか】と考えてしまう点です。後で後でという思いが続いてしまうと、どうしても中途半端になってしまいます。

 

 しかし、近くに家族がいるからと心強く思えば乗り越えられますし、子どもとってもあなたが働いている姿をしっかり見ることができるので夢を膨らませることが出来るのも確かです。

 

 自宅での開業は、良し悪しがありますが、結局は自分の意思がとても大切です。しっかりとした計画を立てて取り組みましょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

自宅でカフェ開業するデメリット関連ページ

自宅カフェの営業許可