喫茶店開業に必要な資本金について

スポンサードリンク

喫茶店開業に必要な資本金について

 将来、自分で喫茶店を経営したいと考えている人は多いかもしれません。では、開業資金はいくらぐらい必要なのでしょうか。

 

 店舗の規模や立地条件により変わってきますが、個人経営の喫茶店の場合は500~1000万円が必要です。

 

 店舗物件を借りる場合、駅そばなどの人通りの多い好立地場所は必然的に家賃も高くなります。また、駅から少し離れた場所では比較的家賃が安く抑えられます。

 

 店舗物件を借りた場合は契約金が発生し、賃貸契約に家賃の10か月~12か月分の費用が必要になります。

 

 自宅で開業した場合は毎月の家賃や保証金が必要ないので、その分開業資金を抑えることができます。

 

 店舗の内装工事やガス・水道・電気・空調設備工事が必要になり、店舗規模によっては厨房設備の追加の必要もあるかもしれません。

 

 店舗の規模やコンセプト、店舗物件の立地条件などで開業資金は大幅に変わってきます。開業資金のほかに店舗を維持していく運転資金も必要です。

 

 ただ自己資金が少ないと開業は難しいと考えがちですが、公的機関からの融資や各地方自治体で行っている融資制度もあります。
 政府系金融機関の日本政策金融公庫では開業したい人向けの融資もあります。ですが審査は厳しくしっかりとした事業計画の提示を求められます。

 

 まずは公的機関の支援窓口へ相談に行ってみるのもいいかもしれませんね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

喫茶店開業に必要な資本金について関連ページ

経費削減について