喫茶店経営に必要な経費について

スポンサードリンク

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

喫茶店経営に必要な経費について

 お店を経営していくには経費がかかります。計画中は開業資金にばかり目が行きがちですが、オープンしてから運転資金がなければ経営は続けられません。

 

 店の運転資金は、固定費と変動費の2種類が必要となります。

 

 毎月同じ金額を支払うものを固定費といいます。主に店舗の家賃、スタッフの人件費、メンテナンス料などになります。

 

 また月ごとに支払額が変わるものが変動費となります。コーヒー豆や料理の原材料費、水道光熱費などです。売り上げによって仕入れ額が変わるため変動費も変わります。

 

 経営費は売り上げから振り分けて予算を立てます。

 

 家賃は一般的に売り上げの約10%が家賃の目安といわれます。また開業する地域にもよりますが3日分の売上で支払える額が理想です。

 

 次に人件費は売り上げの約20~30%、原材料費は約30~35%が目安です。売り上げにより多少の変動があるので余裕をもって予算を組んだ方が良いでしょう。

 

 他に水道光熱費、その他の経費などを差し引いた金額が店の利益となります。

 

 一般に利益が売り上げの10~15%残れば安定した経営ができるといわれています。実際開業してみると数字通りの利益を出すことは難しいでしょうが、工夫次第で利益を出すことは可能です。

 

 開業する前に店のコンセプトとあった経営計画を練ることも必要です。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

喫茶店経営に必要な経費について記事一覧

喫茶店開業に必要な資本金について

 将来、自分で喫茶店を経営したいと考えている人は多いかもしれません。では、開業資金はいくらぐらい必要なのでしょうか。 店舗の規模や立地条件により変わってきますが、個人経営の喫茶店の場合は500~1000万円が必要です。 店舗物件を借りる場合、駅そばなどの人通りの多い好立地場所は必然的に家賃も高くなり...

≫続きを読む

 

カフェ経営における経費削減について

 利益を上げるには、経費をいかに抑えるかも重要なポイントとなってきます。 いくら売り上げが良くても、諸経費や人件費、材料費が高く利益が残らなけば長続きしません。 だからこそ、どれだけの経費が日常においてかかっているかを把握する必要があるのです。

≫続きを読む