花屋の開業する方法について

スポンサードリンク

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

花屋の開業する方法について

 美しい花に囲まれる商売、花屋。きれいで、夢のある職業ですよね。しかし、きれいなだけではない商売だということは、周りで見ていてもわかります。

 

 花は水がないとお話にならないですから、1日中水仕事をしているようなもので、冬などけっこうつらいものでしょうね。

 

 しかし最近は冷蔵庫や空調設備などもありますし、昔に比べると働きやすくなっているのではないでしょうか。

 

 それに、昔は暗いうちから花市へ行って仕入れてこなければいけませんでしたが、近年はその仕入れを代行してくれる業者も出来てきました。

 

 「花屋」という特徴から、女性だけで経営しているお店もたくさんあります。何より、「花屋」には特別の資格は必要ありません。店舗営業の許可を税務署に届け出るくらいです。もちろん、いけばな師範の免許や、フラワーアレンジメントやプリザーブドフラワーの教師の資格などあると強みにもなります。

 

 最近は、フラワーアレンジメントの大手の教室が、花屋の開業を支援するシステムが出来ているようです。

 

 フラワーアレンジメントの学校のHPを見ると、花屋開業のコンテンツが結構、上げられています。目的そのものの「花屋開業講座」などのページがあったりします。

 

 アレンジメント学校のウェブサイトを見て、こういうところからまず計画のアウトラインを描いていってみてはどうでしょうか。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

花屋の開業する方法について記事一覧

花屋さんの開業資金について

 時々、スーパーの店先や道の駅などで、バケツに入れた花を売っている方がいらっしゃいますね。おそらく農家など、花づくりできる土地のある方が自分で育てた花を、本業の片手間に売っている形ですが、これだと、元手は限りなくゼロに近いと言えます。 行商の花屋だと、初期投資は入れ物程度。花も自分で育ててしまえば、...

≫続きを読む

 

花屋開業する成功秘訣について

 東京に本社がある、なんと全国に70店舗を持つ青山フラワーマーケット。花を売るだけでなく、フラワースクールやカフェも手掛けている大手の生花店です。 個人ブログの記事に、「500円のブーケとか、ついつい買ってしまう」というものがありました。最近スーパー等でもよく見るミニブーケ。確かにワンコインでセンス...

≫続きを読む