焼鳥のフランチャイズで開業する方法

スポンサードリンク

焼鳥屋のフランチャイズで開業する方法

 焼き鳥店で独立開業を目指すのであれば、やはり女性客や若年層を取り込めるような店舗を目指す必要があります。

 

 焼き鳥店といえば、中高年層を対象としてきている店舗が多かったのですが、最近の景気の低迷を受けて、中高年層の獲得が難しくなってきています。

 

そこで、成功するためには女性客や若年層を獲得できるような店舗を目指すのがお勧めです。

 

焼き鳥店というと、どうしても煙が立ちこめているというイメージが強くありましたが、最近は綺麗な内装と客席に煙がいかないような空調の工夫により、女性も店舗に足を運ぶようになってきました。

 

清潔感を出す店舗にすることで、女性客や若年層を取り込む事ができるようになり、成功へと一歩踏み出す事ができるようになるでしょう。

許可と資金について

スポンサードリンク

 焼き鳥店を開業する場合、食品営業法に基づく営業許可が必要となります。

 

 ほかにも、深夜酒類提供飲食店営業などの届け出、開業手続きなどが必要となります。

 

 焼き鳥店で独立開業を目指す場合、どれぐらいの資金が必要となるのかというと、最低でも100万円以上の自己資金は必要です。

 

 できれば300万円ぐらいは必用意できないと厳しいのが現状でしょう。自己資金は多ければ多いほど良いです。

 

 開業するためには、設備や店舗、人件費、材料費などの準備資金が必要となります。

 

 そして、仕事が始まってからの人件費や家賃、材料費などの運転資金も必要です。

 

 もちろん、融資を受ける事ができれば、独立開業はできるかもしれませんが、利益がでなければすぐに廃業となってしまいます。

 

 ですから、可能な限り自己資金を集めて、融資はなるべく小さくする必要があります。

 

 300万円ぐらいの自己資金を集めて、それから融資を受けることを考えたほうがいいでしょう。

スポンサードリンク

開業にはいくら必要なの?

 焼き鳥店で独立開業を目指す場合、どれぐらいの資金が必要となるのかというと、最低でも100万円以上の自己資金は必要です。

 

 できれば300万円ぐらいは必用意できないと厳しいのが現状でしょう。自己資金は多ければ多いほど良いです。

 

 開業するためには、設備や店舗、人件費、材料費などの準備資金が必要となります。

 

 そして、仕事が始まってからの人件費や家賃、材料費などの運転資金も必要です。

 

 もちろん、融資を受ける事ができれば、独立開業はできるかもしれませんが、利益がでなければすぐに廃業となってしまいます。

 

 ですから、可能な限り自己資金を集めて、融資はなるべく小さくする必要があります。

 

 300万円ぐらいの自己資金を集めて、それから融資を受けることを考えたほうがいいでしょう。

焼鳥のフランチャイズで開業する方法関連ページ

FC募集の喫茶店
フランチャイルズの喫茶店を経営したいと考えている方は結構多いと思いますが、実際にフランチャイルズの喫茶店を募集しているところはそれほど多くはありません。しかし、募集をしているフランチャイルズの喫茶店の多くは誰もが知っている名前の喫茶店ばかりです。