脱サラして喫茶店を開業したい人へ

スポンサードリンク

脱サラして喫茶店を開業したい人へ

 脱サラして喫茶店を開業したいと思っている方も多いのではないでしょうか?

 

 定年して、退職金を使って60代で開業。または現在の仕事をやめて開業。人それぞれ、開業するにあたっては色々な理由が有ると思います。

 

 どういった経緯で開業したから成功したという訳では特定の理由はありません。開業にあったって特に絶対の理由無いのです。

 

 60代からの開業で有れば、比較的小さなカウンターの店をするのも良いでしょうし、最初から多角展開を考えているのであれば調理人を雇ってからの開業も良いでしょう。

 

 開業するのに必要な事、それは本気で取り組む事。本気のレベルによると思いますが、中途半端な気持ちでは長続きはしないと思います。

 

 サラリーマンの様に、定時の8時間労働でOKの職種ではありません。

 

 店のコンセプトによっては、朝早くから遅くまで働く事も有るでしょう。自分が脱サラして本当にその職種で食べていく覚悟があるか今一度自分の心に聞いてみる事も大切です。
 飲食の経験が無い方は、まずは空いた時間を使って働いてみて経験すると良いかもしれませんね。

 

 人生一度きり。しっかりとしたビジョンで前に進みましょう。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

脱サラして喫茶店を開業したい人へ記事一覧

脱サラで開業する人気の職種について

 会社と家の往復の毎日。頑張っているのに思うように給料が上がらない、残業ばかりで自由な時間がほしい・・・。手に職をつけて店を開きたい。 サラリーマンなら一度は脱サラして自分の力をためしてみたいと思う人も多いのではないでしょうか。いずれ今の仕事を生かして独立起業・開業を、と考えている人もいるでしょう。...

≫続きを読む