田舎の人気の喫茶店について

スポンサードリンク

田舎の人気の喫茶店について

 都会で新しく喫茶店を開業することは、立地条件によっては競合店も多く営業を続けることは難しいでしょう。他店との差別化を図り集客するためにはどうすればよいか考えなければなりません。それはいわゆる田舎でも考え方は同じです。

 

 近隣にファミリーレストランやほかに競合する飲食店が無い場合、喫茶店は軽食以外にも食事のメニューも充実しています。地域の住民が飲食を注文しくつろぐだけでなく、サラリーマンがランチを食べに行く場所でもあります。ですから地域に根差した喫茶店は、住民たちのコミュニケーションの場所になっています。

 

 新規で開業する場合自分の思い描く店のコンセプトと、想定される客層が合う立地を選ぶことが大切です。立地は集客のために重要な案件です。

 

 「その店のならでは」のものを計画の段階からはっきりさせておきましょう。こだわりをはっきりさせることにより口コミで人気となると多少車を走らせても遠方からドライブがてら来店するお客様もいらっしゃるそうです。田舎で人気の店は「その店のならでは」の商品とマスターの
 人柄が大きいそうです。地域に溶け込むことにより常連客が増え経営の安定につながります。

 

 田舎で喫茶店を経営していくことは、その地域のニーズにあった営業形態を続けることが人気の元ではないでしょうか。

スポンサードリンク

スポンサードリンク