喫茶店を長く経営するのに必要な心得

スポンサードリンク

喫茶店を経営するのに必要な心得

 何の職種においても同様の事が言えると思いますが、お店をオープンさせる事がゴールではありません。オープン日が新しいスタートなのです。

 

 毎日たくさんの人にきてもらい、確実に利益をあげて経営を続けて行く事が大切です。

 

 【そんなの当たり前でしょ】って思われがちですが、その当たり前の事を見過ごしたまま、喫茶店を開業した時点で安心する人が多いのも事実です。実際3年以内に廃業しているのが現状です。

 

 理由としては、開業前の計画が甘かったのも1つかもしれませんが、開業後の姿勢にも問題があるのかもしれませんね。

 

 そうならないように開業前だけでなく、しっかりと開業後の事業計画も考えておきましょう。

長くお店を経営するための心得。

スポンサードリンク

 長くお店を経営するのに必要なポイントを4つ紹介します

 

 まず1つ目として飲食店は、基本的に立ちっぱなしの重労働です。開店後は、ほとんど休みも取れず体力的にハードな経営になるので日頃からの体調管理には十分気をつけましょう。

 

 2つ目に飲食業には流行りすたりがあります。開店から全く変わらないのも飽きられる1つの要素です。そうならない為にも、情報収集や勉強を続けましょう。

 

 そして経営を長続きさせるために、【どうすればお客さまに足を運んでいただけるか】【どうすれば客単価を上げれるか】などの利益を上げ続ける工夫を考えましょう。

 

 最後にスタッフたちとの人間関係を良好に保つ努力も必要です。スタッフがいなければあなた1人では営業は成り立ちません。しっかりコミュニケーションをとってお客さまにとっても居心地の良い空間を作りましょう

スポンサードリンク