喫茶店開業のタイミング

スポンサードリンク

喫茶店開業のタイミング

 数あるサイトからこのサイトを選んで頂き本当にありがとうございます。みなさまのお役に少しでも立てればと思い、自分が開業するにおいて得た知識を掲載させて頂いてます。

 

 22歳の時、普通に就職してもと思い飲食業でフリーターとして働いていました。もちろんこのころは全く自分の店を持ちたいという気持ちはありませんでした。

 

 その後ダラダラと月日だけが経ち、そんな中いろんな店で働き、時には物販での仕事もしてきました。

 

 そして1つ目の大きな転機は29歳の時起こりました。店のTOPとしてがむしゃらに働いていた結果、プライベートの事や仕事の事でのストレスによって自律神経失調症になったのです。

 

 本当、現在の姿を知っている人はなぜって思われるくらい落ちていました。けどそんな時、周りで支えてくれた人たちによって自分自身を取り戻す事が出来たのです。

 

 それからですかね。

 

自分で店を持ちたいと思い始めたのは。少しでも恩を返したいと思って。

 

喫茶店,開業,タイミング

 そして2つ目の転機は32歳の時、当時働いていたお店で給料が払われなかった為やめた時に友達が欠けたたった一言『そろそろ自分ですれば?』に背中を押されたんですよ。

 

 たぶん友達にとっては、何気ない一言だったと思うのですが自分自身には心を動いた一言でした。

 

 その一言によって、急速に自分の周りが動き出したんですよね。ウソみたいに思うかもしれませんが、今まで何年もいい物件に巡り合わなかったのに以前から気になってたマンションの前の物件が格安で借りれることになったんですよね。

 

 自分の中の気持ちが強くなれば、本気の気持ちになった時って嘘みたいな事が普通に起きるんですよね。

 

 だから今悩まれてる人も、きっとそのタイミングはやってくると思いますよ。人生タイミングってよく言われるように本当突然やってきます。後は逃がさずつかみ取ればいいのです。

 

 希望に向かって前に、自分のほしい物件をしっかりイメージしてタイミングを待ちましょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

喫茶店開業のタイミング記事一覧

喫茶店を長く経営するのに必要な心得

 何の職種においても同様の事が言えると思いますが、お店をオープンさせる事がゴールではありません。オープン日が新しいスタートなのです。 毎日たくさんの人にきてもらい、確実に利益をあげて経営を続けて行く事が大切です。 【そんなの当たり前でしょ】って思われがちですが、その当たり前の事を見過ごしたまま、喫茶...

≫続きを読む